冬用タイヤの特徴|タイヤを変えることで解決できる問題は盛り沢山|ガラリと変わる

タイヤを変えることで解決できる問題は盛り沢山|ガラリと変わる

車

冬用タイヤの特徴

車

これからの季節に重宝するのがスタッドレスタイヤです。このタイヤなら冬の道でスリップを抑えて安心して走行する事ができるようになります。この機会に冬用タイヤについての基礎知識を覚えておきましょう。
そもそもスタッドレスタイヤと言うのはスタッド=鋲、レス=ないということで、スパイクの無いタイヤという意味です。このタイヤが登場する以前は鋲のついたスパイクタイヤが冬用タイヤとしては主流でした。しかしスパイクタイヤには欠点があり、道路への影響が強く、路面を削ってしまうことで発生する粉塵などが問題となり、現在では使用されなくなりました。かわりに改良を重ねて進化を遂げたスタッドレスタイヤが主流となり、冬の走行の安全性を支えています。
夏用のタイヤと冬用のタイヤの大きな違いはゴムの質にあります。夏用タイヤのゴムは暑いアスファルトの上を走ることが多いので、熱に強く出来ています。タイヤというのは簡単に説明すると熱で溶けて、溶けた部分が接着剤の代わりのように地面にくっつくことでグリップを生み滑らずに走ります。高い気温に適応した夏用タイヤでは冬の寒い時期に十分なグリップ力が生み出せずにスリップしてしまうのです。一方冬用のスタッドレスタイヤは特殊なゴムを使用することで、冬の寒い時期でも高いグリップ力を生み出すことができるので安定した走行が可能となっています。タイヤの溝にも工夫がされていて、路面の水膜を取り除くための特殊な形をしています。ですが、冬に滑り難いタイヤというだけで無理な運転をしてしまうと滑ってしまう事があります。スタッドレスタイヤを用いていても安全運転で走行しましょう。